前立腺炎 レボフロキサシン錠

前立腺炎で抗生物質(レボフロキサシン錠)を2週間服用しました

私は、抗生物質を2週間服用していた経験があります。

 

泌尿器科で、慢性前立腺炎の診断を受け、念のために抗生物質を服用することを勧められました。

 

処方された抗生物質は、レボフロキサシン錠250mgです。

 

菌が検出されなかった以上(急性前立腺炎ではない)、あまり必要ではなかったことを後で知りましたが・・

 

処方薬を受け取る時、私は色々と飲んでいるサプリメントなどがあるので、それについて薬剤師さんに相談。

 

すると、やはり乳酸菌のサプリメントは全く無効となってしまい、服用しても「意味なし」の状態になってしまうそうですね。

 

その日から、乳酸菌のサプリメントを控えるようにしました。

 

すると、数日してからお腹を下すようになりました・・

 

乳酸菌サプリメントを服用する習慣が断たれたからといって、そんなにも早く影響がでるものなのでしょうか・・

 

そう思って調べてみたところ、抗生物質を服用していて胃腸の調子が悪くなる、ということはわりとよく起こるそうです。

 

レボフロキサシン錠の副作用ですね。

 

更に、なんとなく感じていた「体のだるさ」も、前立腺に関係があったわけではなく、抗生物質の副作用だったのです。

 

途中で服用をやめてしまいたかったのですが、医師から「全て飲みきるように」と言われていることを思い出しました。

 

それについてもネットで調べてみましたが、どうやら、抗生物質で死滅しきらなかった菌が少しでも残っていると大変らしいのです。

 

それは、その死滅しなかった菌が、抗生物質に強い菌として身体の中に残ってしまうためだそうです・・

 

そして更に調べていくと、抗生物質は、「菌を殺す」といって気軽に飲んでいい薬ではないことに気づかされました。

 

体内の菌のバランスを崩しますし、怖い副作用もあるようです。

 

これからは、必要もないのに抗生物質を服用する、ということは避けていきたいと思います。

 

(千葉県・ぴくぴく詐欺さん)